Windows 10 PCを購入して電源をいれたら出る最初のセットアップ設定を詳しく解説

Windows 10 PCを購入して電源をいれたら出る最初のセットアップ設定を詳しく解説

Windows 10 パソコンを新規で購入、または、初期化や旧 OS からアップグレードしたあとなどは、一番最初にパソコンの電源を入れると「初期セットアップ」の画面が必ず表示されます。

特に、初めて Windows 10 の初期セットアップ画面を見たユーザーさんは、とまどうこと間違いなしだと思います。

本記事では、そんな必ず行わなければいけない「Windows 10 パソコンを導入して初めて電源を入れた時の初期セットアップの手順」について詳しく解説いたします。

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順

STEP.1
パソコンの電源を入れる

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順 01

パソコンの電源を入れるとこの画面が表示されます。わりと大きめなボリュームで音声が流れるのでビックリしないように意識していてください。

STEP.2
住まい地域の設定

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順02

ほとんど方は「日本」在住ですから、ここは「日本」を選んで「はい」ボタンを押してください。この設定は、パソコンに表示される時刻やブラウザの検索基準などを正確に行うための重要設定です。

STEP.3
キーボードレイアウト(IME)設定

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順03

パソコンで使用する文字入力キーボードレイアウト(IME)の設定です。「Microsoft IME」しかないので「はい」ボタンを押して次へ進みます。

STEP.4
2つ目のキーボードレイアウトの追加設定

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順04

2つ目のキーボードレイアウトは、日本語以外の言語キーボードレイアウト(IME)を追加したい方が対象です。追加をしたい場合は「レイアウトの追加」ボタンを押します。

例えば、中国語のキーボードレイアウト(IME)を追加したい場合などです。

特に日本語以外のキーボードレイアウト(IME)が必要ない場合は「スキップ」ボタンを押して「STEP.6」へ移動してください。

STEP.5
2つ目のキーボードレイアウトの選択

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順05

STEP 4 で「2つ目のキーボードレイアウト」を選択した場合は、リストの中から該当の言語を選択して「次へ」ボタンを押してください。

STEP.6
ネットワークへの接続

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順06

インターネット接続設定をします。パソコンが有線で接続されている場合は、自動的にインターネット認識されるので、この設定はスキップされますので、「STEP.8」へ進んでください。

Wi-Fi 接続の場合は、リストアップされている自宅(または職場?)のネットワーク名を選択し、「自動的に接続」にチェックを入れ「接続」ボタンを押します。「STEP.7」へ進んでください。

STEP.7
ネットワークへの接続その2

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順07

Wi-Fi ルーター(親機)に記載されている「暗号キー(Wi-Fi パスワード)」をネットワークセキュリティキーの入力フォームへ入力して「次へ」を押します。

Wi-Fi パスワードが間違っていなければインターネットに接続されます。接続されないなら十中八九パスワードが間違っています。入力ケアレスミスに気をつけてください。

STEP.8
Windows 使用許諾契約への同意

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順08

続いて「Windows 10 使用許諾契約」の同意です。ここは「同意」ボタンを押してください。

STEP.9
アカウントでサインイン

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順09

Windows 10 パソコンを使うためにはオンラインアカウントの登録またはオフラインアカウントの登録を必ず行わなければなりません。

Windows 10 の機能を全て使えるようにする為にはオンラインの「Microsoft アカウント」登録が必要となります。一般的な機能だけで十分という場合は「オフラインアカウント」を作成して登録します。

おすすめはオンラインの「Microsoft アカウント」での登録です。スマホを使うには、Google アカウントや Apple ID を登録するのが必須です。同じように今のパソコンは Microsoft アカウントの登録が必要なのです。おかしなことではありません。

 

以下、アカウント種別の登録手順です。


すでに Microsoft アカウントを持っている場合は ① へ Microsoft アカウントから発行されているメールアドレス(outlool.com)を入力して「次へ」ボタン。「STEP.10」へ進んでください。


Microsoft アカウントをまだ持っていないので、今すぐ作成してパソコンへ登録する場合は、②「アカウントの作成」をクリックします。支持にしたがって新規に Microsoft アカウントを作成します。

Microsoft アカウント作成後、発行されたメールアドレスを入力して「次へ」ボタン。「STEP.10」へ進みます。

作成した Microsoft アカウト発行のメールアドレスとパスワードは大事に保管しておいてください。今後 Windows 10 パソコンには必ず使います。


オフラインアカウントでパソコン登録をする場合は、③「オフラインアカウント」をクリックしてください。「STEP.12」へ進んでください。

STEP.10
Microsoft アカウントパスワードの入力

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順10

Microsoft アカウント発行のメールアドレスを入力たら、続いて Microsoft アカウントのパスワードを入力して「次へ」を押します。

STEP.11
Microsoft のアプリサービスの活用

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順11

Microsoft アカウントで登録が完了すると、この表示。「今すぐ入手」ボタンを押してください。「STEP.14」へ進む。

STEP.12
オフラインアカウントの作成その1

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順12

オフラインアカウントを作成します。このパソコンを使うユーザーの名前を入力してください。「次へ」ボタン。

STEP.13
オンラインアカウント作成その2

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順13

パソコンへログインするためのオフラインアカウント用パスワードを作成します。パスワードフォームへ入力してください。「次へ」ボタン。

パスワードはしっかりメモして忘れないようにしてくださいね。

STEP.14
指紋認証

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順14

指紋認証をパソコンへのログインに利用したい場合は「セットアップ」ボタンから指紋を設定してください。指紋認証が必要ない場合は「今はスキップ」を押してください。

もともと指紋認証の無いパソコンは、この項目は表示されませんので「STEP.15」へ進んですください。

STEP.15
PIN の作成その1

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順15

パソコンへログインするための PIN を作成します。これは厄介なことにスキップできないため、必ず PIN は設定しなければなりません。「PIN の作成」ボタンを押します。

※PIN はあとで「Windows の設定」から無効化できますので、必要な方は後ほど無効化してください。

STEP.16
PIN の作成その2

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順16

PINを作成します。フォーム2つに同じ数字を入力してください。英数記号で PIN を作成したい場合は「英字と記号を含める」にチェックを入れてから2つのフォームに入力してください。

STEP.17
アクティビティの履歴を利用するかどうか

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順17

Windows 10 ではタスクビューを開いた時に、自分が行った動作をタイムラインとして表示してくれます。「いついつに Word の ○○ というファイルを使ったよ」みたいな履歴を表示する感じです。

しかし、フリーソフトの多くはこのタイムラインに反映されません。ぶっちゃけ Microsoft 純正ソフトやアプリの利用が主だというユーザー以外ははっきり言って使い物になりません。あまりおすすめな機能ではありません。

また、性能の低いパソコンの場合は、このタイムライン機能は負担になるので、オフにすることをおすすめいたします。

タイムライン機能を使う場合には「はい」ボタン。使わない場合は「いいえ」ボタン。

STEP.18
Android スマホと連携するかどうか

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順18

Android スマートフォンとパソコンを連携させるかどうか・・・ですが、これは後で必要になったときに設定できますので、ここでは左下の「後で処理する」が正解です。

おそらく多くのユーザーはこれ今すぐ必要じゃないですよね。

また、iPhone 利用者もスルー「後で処理する」で OK。

STEP.19
デジタルアシスタントを利用する

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順19

Cortana(コルタナ)を利用する場合は「同意」。利用しない場合は「拒否」を選択。

因みに私はコルタナを利用しませんので「拒否」しました。

STEP.20

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順20

よくわからない説明でオンオフスイッチが並んでいます。

この中で「いいえ(オフ)」にしたほうが良いものは以下。

  • 手描き入力とタイプ入力
  • 広告識別子
  • 診断データ
  • エクスペリエンス調整

これらは少なからず、パソコンの使用データを Microsoft に送信するものなので、個人情報を少しでも送信してほしくないならオフにしておきましょう。

残りの項目は、自分が利用するかどうかで判断してください。

STEP.21
Microsoft Edge の言語設定

Windows 10 初めて電源を入れた時の初期セットアップ手順21

デスクトップが開いたと思ったら、ブラウザ「Edge」が起動してこの英語の表記。「United state(English」」となっている部分を「日本語」に変更して「Get started」を押してください。

長い長い Windows 10 の電源を入れてから行わないといけない初期セットアップはこれで終了です。本当にお疲れさまでした。

まとめ

Windows 10 パソコンを初めて触る方はもちろん、今まで 10 パソコンを利用してきた方でも滅多に初期化なんてはしないはずなので、この初期セットアップは見慣れないと思います。

本記事が、すべての Windows 10 パソコン利用者さんの初期セットアップアシストになれば幸いでございます。